我が家の元旦

2014-01-01 (水)
- 或る日常の風景

中学生の時から今まで1回を除いて、年末年始は必ず実家で過ごしている。
実家に住んでいた頃は「こんな家、出て行ってやる!!」と息巻いていたものだが、一人暮らしを始めてみると やっぱりジッカスキー。暇さえあれば実家に帰っている。年末年始もその一環というわけ。

そして今年も十数年変わらないサイクルが年始からスタートする。
が、今年はいつになく気合を入れた。

早起きして初日の出を拝んだ

だが、例えば湘南の海に繰り出すとか、そこまでの気合はない。

初日の出
fig 自分の部屋から拝む

山に囲まれているので、日の出の時刻は遅くて済むw
別に地平線とか水平線から出るのを見なければならないという法律もないだろう。

気合を入れたのはここまで。

お雑煮
fig 我が家のお雑煮

母が作ってくれるお雑煮を食べる。
これだけを食べなければ新年が始まらない。これを食べるためだけに実家に帰省しているようなものだ。

あとはテレビをダラダラ見る。
昔の正月番組は本当につまらなかったように思うが、最近のはちょっとだけマシになったように思う。
とりあえず午前中だけなら持つ。

午後は暇になる。
届いた年賀状を見たりするが一瞬で終わる。「ふぅん」という感じ。家族写真の年賀状が随分増えた。と、いうかほとんどだ。
だいたいは自分の部屋で本を読むとかそんな感じ。
今年はあまりにも堕落しすぎて寝てしまったorz

夜も夕食の後はテレビを見る。
普段はテレビなど見ない癖にこの時ばかりは見てしまう。
そしてブログを更新する……。

元旦の過ごし方など、そう代わり映えするものではない。こうしてこの1年がスタートする。

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://worholicanada.mydns.jp/snapblog/diary/20140102_01.htm

archives & comments

Month

Comments