ニセおせち

2018-01-05 (金)
- 或る日常の風景

正月と言えば"おせち料理"が定番だろう。
最近では食べない家庭も多いと聞くが、おせち料理は古来からの日本の文化。大切にしたいものだ。

昔はそれぞれの家庭で、おせち料理を作っていたらしいが、最近の"過労死する国 ニッポン"においてはとてもそんな暇はない。
年末ギリギリまで出勤日が設定されており、どこぞの高級おせち料理を予約して(*)正月に味わうのが関の山。

(*)とは言え2011年にはスカスカおせち事件なる騒動もあり、 やはり信頼できる店から購入するのが一番かと。

あるいはそんな高級な店で予約しなくとも、スーパーに行けば「おせちコーナー」なるブースがあり、手軽におせち料理を味わうことができるわけだ。

ところがである。
どういうことか庶民の味方であるスーパーですら、おせち料理にありえない価格を設定している。
超狭いプラスチックお重に、栗きんとん・黒豆・カマボコ・田作りが申し訳程度に入ったもので1,080円とか。ふざけているとしか思えない。

まるでお盆の時期に跳ね上がる旅行代金のようなものだ。
ちくしょう。客の足元見やがって。高価な料金で儲けようと企む悪の秘密結社め。日本文化を破壊する文化大革命を煽動しているに違いない。

だが、ふと考えた。
直前になって慌てるから足元を見られるのだ。慌てる乞食は貰いが少ないとはよく言ったもの。
もっと以前から準備していればこんな怒りを覚えなくてすむのではないかと。

そこで若干時期を逃した感はあったが、正月の1週間にスーパーに繰り出し、おせち部品を買い集めることにした。
賞味期限が年末で切れるものは冷凍すればいいじゃないか!

で、買い集めたおせち部品がこちらである。

おせち部品 fig.買い集めたおせち部品?

では、ひとつずつ解説しよう。

黒豆

邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められています。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

で、探し出したのがコレ。

おせち部品 黒豆 fig.ふじっこの黒豆

2パックセットでお値段170円(税別)

紅白かまぼこ

赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

残念ながら、白かまぼこ しか売っておらず……。

おせち部品 かまぼこ fig.鯛入りかまぼこ 90g

お値段95円(税別)
おせち用のかまぼこが300円以上していたので、破格ではないだろうか。

田作り

片口イワシの稚魚を干して、飴炊きにしたもの。片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願います。 「五万米」の字を当て「ごまめ」とも呼ばれることもあります。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

おせち部品 田作り? fig.小女子くるみ

片口イワシと小女子では全然違うが、同じ"魚の小さいヤツ"だから気にしない。
お値段311円(税別)ナリ。

昆布巻き

「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされています。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

おせち部品 昆布 fig.ごま昆布

昆布は昆布でも"巻いて"はいないが、「よろ昆布(こぶ)」であることが重要であり、巻いてあるかどうかは問題ではないレベルか。
お値段178円(税別)

数の子

ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多いことから「子孫繁栄」を願う縁起物とされています。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

おせち部品 数の子 fig.数の子

半額シールが貼ってあることが最重要ポイント。
お値段214円(税込)

……これ正規価格で購入したら400円もするのか。

伊達巻き

形が巻物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

おせち部品 伊達巻き fig.紀文 伊達巻き

これは普通に買ったので高かった……お値段321円(税別)

海老

長生きの象徴だと言われています。えびは長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

本当はお惣菜コーナーにある「エビの唐揚げ」ぐらいが良かったのだが、残念ながら並んでいなかった。
エビの食料品となるとかなり難しい。なやんだ挙句、

おせち部品 エビ fig.エビシューマイ(冷凍)

冷凍だろうが、シューマイだろうが、エビが入っていることには変わりはない。
お値段246円。

錦玉子

黄身と白身の2色が金と銀に例えられています。

「おせち料理の意味ってなに?」おせち料理の意味と由来、ルール | ウチコトより

黄金いか fig.黄金いか

色が黄色と白色っぽいだけで、もはや卵ですらない……。
お値段149円(税込)

その他

柚子切り千枚 fig.柚子切り千枚

個人的に食べたかっただけ……。
お値段321円(税別)

……と、まぁこんな感じで「ニセおせち」をそれぞれ単品で買い叩いてみたものの、それでも2,000円は超えてしまう。
そして正月にこの「ニセおせち」を、重箱にも詰めずにそのまま食べたものだから味気ないことこの上ない。

かくも年末年始とは金がかかるもの。
もうちょっと何とかならないものだろうか。

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

この記事のリンク元

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://xinn.mydns.jp/snapblog/diary/20180105_01.htm

archives & comments

Month

Comments