BBCの執念とSEGAの狂気~Orbi横浜レポート

2013-11-19 (火)
- 或る日常の風景

仕事も一段落したので、午後休暇を取り行ってみたかった"Orbi Yokohama"へ。
色々情報を仕入れてみると休みの日は超混みそうだったので、行くなら平日しかないと考えたのだ。

公式サイトをみてみると、

人類が初めて体感する地球。
大自然超体感ミュージアム、
Orbi(オービィ)。

と、ある。
……正直よくわからん。
まぁとりあえず行ってみろということか。

チケット(大人) 2,600円!!!

に、思いっきり躊躇したものの、話のネタに構わず突入した。

2,600円も払うのだから失敗したくないものだ。
公式サイトによれば、Orbiは3つのエリアから構成されているらしい。

#1 エキシビション ゾーン
#2 シアター23.4
#3 アフターショー&サービス

まさか#1~3まで全部回ると2,600円x3もするのかとも勘違いしていたが、そうではないようだ。
2,600円で3つ全て回れます。ご安心を。
ちなみに#3は売店のことだった。分かりにくいんだよ!

"Orbi Yokohama"はみなとみらい駅から直結で行ける。便利だ。
そして……

Orbi Yokohama fig.Orbi Yokohamaエントランス

さすが平日。超空いてる!!
これなら2,600円(←しつこい)で満喫しちゃおうと自然とテンションが上がろうというものだ。

チケット売り場でチケットを購入。
#2 シアター23.4の予約をした。#1 エキシビション ゾーンはご自由に、ということだった。

Orbi Yokohama fig.パンフレットとブレスレット

館内はこのICチップが内臓されたブレスレットをして体験します。
早速出発!!

Orbi Yokohama fig.Orbi Yokohamaの入口付近

中に入ると大型スクリーンが目に飛び込んできます。これは凄そうだ。
#1 エキシビション ゾーンは7つの体験施設といくつかのアトラクションから構成されています。
入口に鎮座していた大型スクリーンはアニマルペディアというアトラクション。

ペースキャンプ

Orbi Yokohama fig.ペースキャンプ

休憩所みたいな位置づけでしょうか。
自分の背丈以上もあるブロック型のスクリーンがいくつも積み上げてあり、それにマッチした自然の映像が流れています。
気分的にはゲーム「モンスターハンター」の風景に迷い込んだような概視感を覚えました。さすがSEGA。
……あ、モンハンってカプコンでしたっけ。

アニマルペディア

Orbi Yokohama fig.アニマルペディア

傍から見ると客がみんな荷物を脇に置いて、スクリーンに向かって手のひらをかざしているので「新手の宗教団体か!?」 などと不謹慎なことを考えてしまった。
説明を聞いてみると手のひらがマウスポインタになっていて、映像に映し出される動物の影をポインタで指し示すと自分の目の前に 寄ってきて詳しい説明が表示されるというもの。ウィキペディアならぬアニマルペディア。

表示される動物が多くないときは、隣の客と動物の奪い合いになってしまうところが堪らない。

エキシビションB 1,300,000

Orbi Yokohama fig.1,300,000

エキシビションの数字には意味があります。
この1,300,000という数字が意味するところは……行ってからのお楽しみに。

数あるエキシビションの中で、最もインパクトがあったのがココ。
感動したけど、慣れないとあまり行きたくない。

最近流行の映像+体感というヤツです。
映像に合わせて、椅子がドッドッドッ…とか揺れるアレです。
映像のBBCとSEGAの狂気のコラボ。体感の方がかなりやりすぎ。おじいちゃんとか心臓止まるよ、まったくもう。

エキシビションC 60

これも体感型。しかも映像は少し3D(3Dメガネをかけます)
説明のスタッフが恐怖感を煽る煽る……。

案の定、途中から怖くて堪らない。
女性客は「きゃあああぁああぁぁああ!!」とか悲鳴を上げてたし。

エキシビションD -89.2

Orbi Yokohama fig.-89.2

このエキシビションが最も話題があるかも。
早い話が-20℃の極寒体験(約10秒間)ができるというもの。スタッフが説明で一番楽しんでいたのもコレ。
事前知識ほぼゼロで行ったものだから酷い目にあった。

「みなさんには、これから風速15mの風をバンバンくらっていただきます」
「こちらのボタン。緊急時に押されますと緊急停止をします。Orbiのスタッフが20人,30人と大挙してみなさんを救出に参ります」
「次のお部屋は0℃の気温です。冷蔵庫に入った野菜の気持ちになっていただきます」
「最後がメインの-20℃の部屋です。スカートの方、まずめくれます!それから、つけまつげ、カツラの方は吹っ飛びます!」
「ここから強風がバンバン吹き出します。どうしても耐えられなくなったら、こちらのボタン押しますといつでも外に出られます。では、さようなら(笑)」

たまたまの女性スタッフさんが、ノリノリで説明してくれます。

Orbi Yokohama fig.通称ペンギン部屋

この中で風速15mのブリザードが吹き荒れ、その様子を外から見て高笑いをするという趣向。
こんな季節なのでコートを着込んでいたから、まだマシだったけど(それでも堪らなかった)これ、夏に行ったらどんなになっていただろう。

面白かったので2回も体験してしまった。

シアター23.4

Orbi Yokohama fig.シアター23.4

たぶんOrbi Yokohama1番のウリがこのシアター23.4だと思う。
入場したら1回しか体験できないが、幅40m、高さ4mの巨大スクリーンと前後左右上下のサラウンド、そして空気と振動……。
これらを融合して都会では味わえない自然を体感させてくれる。

まさに、
人類が初めて体感する地球。大自然超体感ミュージアム、Orbi(オービィ)。
のコンセプト。

けれど過度に期待しすぎたせいか、正直少しイマイチ感があった。
幅40mを大きさを活かしきれない2分割されている映像や、このシーンでなんで振動が?と思わせる強引な演出。
そしてもったいぶらせた割には実際の上映時間は15分と短い(説明含めて30分はかかる)。

今はICE WORLD(第1章)なので、これから洗練されることを激しく期待。

他には、

Orbi Yokohama fig.空中散歩を体験したり…
Orbi Yokohama fig.蝶の巨大幼虫がウネウネ動く。

ものまで、エキシビションは様々だ。

話のネタに一度は行ってみても良いかもしれない。
15時少し前に入場して2時間以上も色々体験して遊びまくった。

Orbi Yokohama fig.「MARK IS みなとみらい」から見えた富士山

ちょっと2,600円という金額は泣けてくるけど……。

archives & comments

Month

Comments